学校生協シニアの知恵袋
No.1「終活の達人養成講座」
東京都学校生協「終活の達人・養成講座」開催にあたって
東京都学校生活協同組合
  西平 修

 東京都学校生協は、東京都の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、障害児学校、私立学校ほか教育関連団体 に働く教職員が資金を出し合って「安心・安全で良い商品」を自分たちの力で手 に入れようと1975年に、東京都の認可を受けて設立されました。
現在では教職員を引退された方でも費用をかけずにサービスを常に利用することができます。学校生協はすべての教職員のための生活補助となるために活動しております。
 組合員数は、16,000人にのぼり、60歳以上の退職組合員も多くいらっしゃいます。昨年度「家族に迷惑をかけない老後の過ごし方」というテーマでセミナーを開催したところ好評をいただくことができました。
 今回の「終活の達人・養成講座」は、公益財団法人日本ライフ協会の「みまもり家族制度」や遺言・相続対策等の勉強を通じて、ご自身だけではなく、悩みを抱えているお知り合いにアドバイスしていただくスキルを身に着けていただき、シニア組合員の皆様に活躍していただこうと考えて企画しました。
いきいきとした楽しいクラブ活動のような会にしたいと考えています。
201504coop 60s project

西平プロフィール

nishihira
西平 修
 
東京都学校生活協同組合
事業部 常務理事 統括部長