エクステリア ワンポイントレッスン 第23回
屋外で過ごせるアイテム

4月5月になり、街の木々の新緑もとても綺麗な季節になってきました。
気温もあがり、庭のデッキやバルコニー等でのんびりと休日をすごすというのも良いものです。

ただ今の時期は良いですが、だんだん夏になってきますとそのまま屋外で過ごすのは暑くなり、厳しくなってきます。また梅雨の時期などは屋外にでたくてもでれない、洗濯物が乾かない>などの不便がでてきます。
そこで日除けを考えながら、屋外で過ごせるアイテムをご紹介したいと思います。

1つはオーニングテントです。
オーニングとは日除け・雨除けのことですが、店舗の入口や住宅のサッシ上部にとりつけると 建物の景観を損なわずに、簡単に日除け・雨除けの効果が得られます。
手動のものもありますが、最近は電動タイプも充実しており、リモコンひとつで室内から動かすこともできるので、操作性も高く使いやすくなっています。
キャンバス生地も種類が多く、建物や外壁に合わせていくか、ワンポイントでアクセントカラーを使っていくかなど好みにあわせて選ぶのも楽しいです。
 
     オーニングを収納している状態
ほとんど目立たないので、外観イメージをキープしています。 201605sawamura1
 
     オーニング伸ばした状態
しかっりとキャンバスが張り出してくるので、日除け・洗濯物の
雨除け効果があります。出幅も任意で操作できます。
201605sawamura2
 
2つめはガーデンルームです。
屋根だけのテラスタイプもありますが、ガーデンルームは壁(折戸タイプ。ガラス)があり、光を取り込みながら四季折々の庭を楽しむことができます。もちろんルームタイプなので雨も大丈夫です。
屋根も熱線遮断のポリカーボネイトや、ロールスクリーンもあり日除け対策も十分ですし、季節にって折戸を開放して風をとりこんだり自由度もバリエーションがあり楽しむことができます。
家の部屋と庭をつなぐ中間の空間としてこのガーデンルームは効果を発揮します。

 デッキと部屋をつなぐガーデンルーム   ガーデンルーム内から屋根を見上げる
201605sawamura3201605sawamura4
他にも、パーゴラにつけるシェードロールやつる性の植物でつくる緑のカーテンもあります。
いずれも家でのくらし、庭でのくらしをより快適にするアイテムです。
| 会社概要 | 個人情報
Copyright@2021.コミュニケーションバンク株式会社 All Rights Reserved.