エクステリア ワンポイントレッスン 第19回
庭園について
名高い庭園を訪れると、日常から切り離された空間・静寂を感じることができます。全国にはいくつもの名庭園と呼ばれる所があります。

先日社内研修で金沢に行ってまいりました。今回は庭園を含めその話をしたいと思います。
金沢といえば〈兼六園〉です。加賀百万石の伝統と文化を今に伝える「築山・林泉・回遊式庭園」 です。一貫するテーマは神仙思想。大きな池を大海に見立て、その中に不老不死の神仙人が 島を配しています。藩主達は長寿と未来永劫の繁栄を庭園に託したといわれています。
江戸の大名庭園と京都の公家庭園の手法、当時の芸能などを取り込んだ、総合芸術としての 庭園といえます。
見どころは庭の中央にある霞ヶ池の北側にある「徽軫灯籠 ことじとうろう」です。
二本足の 雪見灯篭で、笠・火袋・中台・足とそれぞれが違う石材によってつくられています。
1509sawamura 11
徽軫灯籠
クリックで画像が拡大します
 
春から夏にかけては桜やカキツバタ、サツキ、ツツジが咲き誇り、秋には随所に植えられている 紅葉が庭園を彩るな ど、四季折々趣のある風情を醸し出します。
1509sawamura 22
カキツバタとサツキ
クリックで画像が拡大します
 
次はひがし茶屋街のお茶屋の中庭です。こちらも日本らしい落ち着いた雰囲気の庭です
1509sawamura 33
お茶屋の中庭
クリックで画像が拡大します
 
多くの物を雑多に展開するのではなく、灯篭などの石材をバランス良く配置し、植栽を絶妙に 植えることにより、まさに侘び寂びという言葉にあてはまる庭です。  今世界中で日本文化に対する関心が高まっています。その粋を集めたもののひとつが庭園 だと思います。
現代の住宅の庭に全てあてはめるのは難しいですが、古き良きものにふれ、それを感じることで、 提案のヒントにつながるのではないでしょうか。

澤村プロフィール

sawamuras
澤村大樹

日章造園社長
一級造園施工管理技師