エクステリア ワンポイントレッスン 第1回
植栽は調和の重要なファクター
エクステリアについて様々な情報を提供してくださいという依頼を頂戴し、その中のワンポイントを毎回このコラムに執筆をさせていただきます日章造園の澤村と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
さてエクステリアと言いましてもなかなか範囲は広く、塀や壁等の造作にはじまり、車庫やアプローチの床部分の仕上げ。池や石を使った庭園工事や、植栽工事、環境問題などなど。多くのカテゴリーがありその提案方法も様々です。
しかしながら、基本は建物との調和・一体感ということが第一であると思います。 どんな高価な素材・仕上げをしても見たイメージがまとまりのない、ちぐはぐなものであったら良い住宅・ 良いエクステリアにはなりえません。いかにバランス良く必要なもの・デザイン的なものを配置し、植栽を 組み合わせて展開していくことが良いエクステリアにつながっていくと思います。
その中で植栽というのは1番に重要なファクターだと我々は考えます。今回植栽についてのイメージをお伝え したいと思います。 ブロック・レンガ・フェンスが形を形成し、その物自身は存在感のあるものとして配置されます。 しかしながら無機的な感じで、建物とのバランスもどことなく調和しきれていないイメージがあります。 ここで植栽を取り入れてみましょう。
建物との間、または構造物の下部分を隠すように下草や高木を配置してみます。 植栽を取り入れることで、今まで硬かったイメージが、有機的に全体がつながっていき、あたたかみのある やわらかい住宅にその姿を変化させていきます。
写真をみていただくとそのイメージがわかると思います。
2014.2.1left植栽施工前 2014.2.2right施工後
 
2014.2.2left2014.2.1right
 
個々によってお庭のスペースや、玄関周りの広さなどの大きさは変わりますが、植栽を入れることで必ず イメージは変わってくると思います。土部分がなければポット・鉢など置くのも良いでしょう。 まずは少しグリーンを入れてみようかなという気持ちでお住まいを考えていかれてはいかがでしょうか。

澤村プロフィール

sawamuras
澤村大樹

日章造園社長
一級造園施工管理技師